MENU

【ED改善に必要なのは自力!自分でできる簡単な方法とは?】ED治療に有効な自力療法のまとめ

2023 3/07
【ED改善に必要なのは自力!自分でできる簡単な方法とは?】ED治療に有効な自力療法のまとめ

PR このページは、アフィリエイト広告が含まれる場合があります

 のアイコン画像 
最近、前みたいに固く勃起しなくなってきた・・・このまま進行するとED(勃起不全)しちゃうのかな? 簡単にできる自力で改善する方法があるなら知りたいな・・・

ED(勃起不全)は男性にとって大きな悩みの一つです。
多くの人が、治療には病院や薬、そして医師のアドバイスが必要だと考えているかもしれません。しかし、実は自分自身で改善することができる方法があります。この記事では、EDの自力改善方法について解説していきます。

EDに悩んでいる時間は、人生の貴重な時間です。その悩みを抱えたまま、何も行動しないでいるのは勿体ないことです。また、EDにはさまざまな原因があり、改善までの道のりも人それぞれ異なります。しかし、まずは簡単にできる対策から始めてみましょう。

2024年3月版 売れてる精力サプリ比較

タップできるもくじ

ED改善に必要なのは適切な生活習慣

 のアイコン画像 
下記は糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化症、うつ病がEDの原因として挙げられることを示しています。割合はあくまでも一例です。
疾患名 割合
糖尿病 35%
高血圧 30%
脂質異常症 25%
動脈硬化症 20%
うつ病 10%

参考文献:「性機能障害診療ガイドライン2018 改訂版」(日本性機能学会監修)

EDの原因は様々ですが、その中には生活習慣に起因するものもあります。例えば、タバコやアルコールの過剰摂取、運動不足、ストレスなどが挙げられます。そこで、ED改善のためには適切な生活習慣が必要不可欠です。この章では、どのような生活習慣がED改善に有効なのかを紹介します。

食生活改善でED改善

EDの原因の一つには、健康的な食生活を送っていないことが挙げられます。食事中に高脂肪や高カロリーのものを摂り過ぎることは、血液循環を悪化させ、体内の血液の流れを阻害し、EDを引き起こす可能性があります。一方で、健康的な食生活を送り、脂肪やカロリーを抑え、栄養バランスの良い食事を摂ることで、EDの改善につながるとされています。特に、ビタミンBや亜鉛、アルギニンといった栄養素が、ED改善に効果があるとされています。このような栄養素を多く含む食品を積極的に摂ることで、EDの改善が期待できます。

運動でED改善

運動不足はEDの原因の一つとされています。運動することで血液循環が促進され、血管が拡張し、ペニスの勃起力が強化されることがわかっています。

運動の種類や時間帯によるED改善効果

種類 時間
有酸素運動 週に最低でも150分
重量挙げ 週に最低でも2日間、1日あたり10回以上
筋力トレーニング 週に最低でも2日間、1日あたり10回以上
ストレッチ 運動前後に5分程度

※上記グラフは、運動の種類や時間帯によるED改善効果を示しています。

また、運動をすることで、血糖値のコントロールが改善され、肥満を防ぎ、内臓脂肪を減少させることができます。これらの効果は、EDの改善につながります。特に、有酸素運動や重量挙げなどの筋力トレーニングは、EDの改善に効果的だとされています。運動不足の方は、まずは軽い運動から始め、徐々にレベルを上げることをおすすめします。

心理的なアプローチも有効


心理的なアプローチもED改善に有効であることが知られています。例えば、精神的なストレスや不安、うつ病、過度の緊張などが原因でEDが起こることがあります。そのため、ストレス解消やリラクゼーション法を取り入れることで改善するケースがあります。

また、カウンセリングを受けることで、自分自身の性的な嗜好や行動パターン、性行為に対する考え方などを見つめ直すことができ、それがED改善につながることもあります。パートナーとのコミュニケーションを深めることも重要で、お互いの性的ニーズや希望を共有し、協力しながら問題を解決することが大切です。

心理的アプローチにおいては、リラックスを促す音楽や瞑想、呼吸法なども有効です。これらは自宅で簡単に実践できるため、気軽に取り入れることができます。また、スピリチュアルなアプローチを取り入れることで、心のバランスを整え、EDの原因を解決することもできます。

心理的なアプローチは、体質的な問題以外でEDを経験している人にとっては、有効な手段の一つです。自分自身の心理状態を見つめ直し、適切なアプローチを取り入れることで、改善につなげることができます。

ストレスによるEDについて

心理的なストレスがEDの原因となることがあります。特に、性的な不安やプレッシャーによってEDに陥ることがあるため、ストレスを減らす方法が重要です。

一つの方法は、リラックスする時間を作ることです。毎日少なくとも30分、ストレスを減らすための活動を行うようにしましょう。瞑想やヨガ、深呼吸などが有効な方法です。また、健康的なライフスタイルを維持することも大切です。バランスのとれた食事や十分な睡眠、運動はストレスを減らす上で役立ちます。

パートナーシップの重要性

パートナーとの信頼関係がEDの治療にとって非常に重要です。パートナーと話し合い、相手の理解と支援を得ることで、ストレスを減らし、治療効果を高めることができます。

コミュニケーションを大切にしましょう。相手に自分の感情や考えを正直に伝え、パートナーからも同様に話を聞くことが大切です。また、相手が望むかどうかを尋ねることも重要です。治療においては、パートナーと一緒に医師との面談に参加することも有効です。

自然な治療法を取り入れることも有効


自然療法は、食事や運動、マッサージなど、身体に負荷をかけない方法で、EDの改善を促すことができます。食事に関しては、アルギニンやカリウム、亜鉛など、ED改善に効果的とされる栄養素を含む食材を積極的に摂取するようにしましょう。また、運動に関しては、ペニス周辺の筋肉を鍛えることで、勃起の改善を促すことができます。さらに、ストレス解消やリラックス効果が期待できるマッサージやストレッチも、ED改善に役立つとされています。

1. 食事による自然治癒力の向上

 のアイコン画像 
以下が代表的なED改善に効果的な食品や栄養素の一覧表です
食品・栄養素 効果 推奨量
にんにく 血管を拡張し、血流を改善する効果がある。また、血液をサラサラにすることで、EDの改善につながる。 1日1〜2片程度
アーモンド 亜鉛を豊富に含み、テストステロンの分泌を促進する作用がある。 1日に10〜20粒程度
アボカド ビタミンEやカリウムを豊富に含み、血管を拡張する効果がある。 1日1個程度
イチゴ フラボノイドを含み、血管を拡張する効果がある。 1日1〜2パック程度
カカオ フラボノイドを豊富に含み、血管を拡張する効果がある。また、血液をサラサラにすることで、EDの改善につながる。 1日10〜20g程度
オイスター 亜鉛を豊富に含む食品で、テストステロンの分泌を促進する作用がある。 週に1〜2回程度、3〜4匹程度

自然治癒力を高めるためには、食事にも注目が必要です。食事によって体内に取り入れる栄養素の種類や量が、自然治癒力に影響を与えます。

特に、抗酸化作用のあるビタミンCやE、カロテノイドなどが豊富な野菜や果物を積極的に摂取することが大切です。また、免疫力を高める亜鉛や鉄分などのミネラルも必要不可欠です。

ただし、食事だけで完全に自然治癒力を高めることはできません。適度な運動やストレスの解消も同様に大切です。

2. 自然療法による自然治癒力の向上

自然療法には、自然治癒力を高める効果が期待できるものが多数あります。代表的なものに、漢方薬やアロマテラピー、ヨガ、マッサージ、鍼灸などが挙げられます。

漢方薬やアロマテラピーは、自然の植物から抽出された成分を利用して、身体の自然治癒力を高める効果があります。また、ヨガやマッサージ、鍼灸は、身体の血行やリンパの流れを良くし、免疫力や代謝を高める効果が期待できます。

ただし、自然療法には、効果に個人差があるため、自己判断での実施は避けるべきです。自然療法を行う場合は、専門の施術者や医師に相談することが大切です。

漢方薬やハーブを利用した治療法

自然な治療法として、漢方薬やハーブを利用した治療法があります。これらの治療法は、長年の伝統に基づいており、薬物治療に比べて副作用が少なく、身体に優しいとされています。漢方薬には、血行促進や精力増強、免疫力アップなどの効果があり、体質改善にも効果的です。また、ハーブにはリラックス効果があるものや、性的興奮を促すものもあります。ただし、漢方薬やハーブの効果は個人差が大きく、正しい使い方を知ることが重要です。専門家に相談してから利用するようにしましょう。

病院やクリニックでの診察も必要

自己判断や自己治療でEDを改善しようとするのは危険です。必ず、病院やクリニックでの診察を受け、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。EDは、様々な原因があり、病気や症状の一つである可能性もあるため、きちんと診断を受けることが大切です。

病院でのED診療について

病院やクリニックでのED診療は、自己判断で対処するのが難しい場合や、治療法がわからない場合には必要不可欠です。病院での診療では、専門的な医療知識をもった医師が患者の状態を詳しく調べ、原因を特定して適切な治療を行います。EDの原因によっては、生活習慣の改善だけでは改善が見込めないこともあり、必要に応じて薬の処方や手術を行う場合もあります。また、病院での診察では、ED以外の病気が隠れている場合もあるため、体全体の健康状態をチェックすることも重要です。

クリニックでのED治療について

薬剤名 効果 副作用
バイアグラ 約4時間の勃起持続時間が期待できる。 頭痛、ほてり、消化不良などが報告されている。
シアリス 最大36時間の勃起持続時間が期待できる。 頭痛、ほてり、胃腸障害などが報告されている。
レビトラ 約4~5時間の勃起持続時間が期待できる。 頭痛、ほてり、鼻づまり、消化不良などが報告されている。
ステンドラ 30分から1時間程度で効果が現れ、最大6時間の勃起持続時間が期待できる。 頭痛、ほてり、鼻づまり、消化不良などが報告されている。

※ED治療薬の効果や副作用の比較表
病院とは異なり、クリニックでは比較的軽度のEDに特化した治療を行っている場合があります。クリニックでは、低用量のバイアグラやジェネリック薬の処方や、ショック波治療やペニス注射療法などの治療が行われることがあります。クリニックでの治療は、比較的短期間で効果が出やすいことが特徴です。ただし、クリニックでの治療でも、健康状態によっては、病院での診察や治療を勧められることもあるため、十分に相談することが重要です。

おわりに

EDは、男性にとって重大な悩みの一つです。しかし、自分で改善できる方法や、専門家による診療で改善できる場合もあります。まずは、自分自身が何が原因でEDになっているのかを把握し、自然な方法や、医療機関での治療を受けることが大切です。

  • 感染症・予防接種相談窓口 
    厚生労働省が業務委託している外部の民間会社により運営されている感染症・予防接種相談窓口では、性感染症、その他感染症全般について相談に受け付けています。すぐにクリニッを受診できない方、症状について不安のある方はぜひご利用ください。

    電話番号:03-5276-9337【午前9時~午後5時(土日祝日、年末年始を除く)】

    出典:厚生労働省「性感染症について」

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

タップできるもくじ
閉じる